認知症高齢者の徘徊対策に「ID付き指輪」開発しました

フリーダイヤルを打刻、家族に直電 個人情報の保護も


創業84年・株式会社野本貴金属加工所(札幌市北区新川、3代目社長:野本政夫)は、認知症高齢者の徘徊対策として、ID付き指輪「絆(KIZUNA)」を開発いたしました。指輪の内側にフリーダイヤルとID番号を打刻。徘徊してしまっても、その高齢者を保護した人がフリーダイヤルに電話をすれば、ご家族に連絡がとれる仕組みです。敬老の日である9月15日(月)に販売を開始いたします。

弊社では、10年ほど前からステンレスや真鍮製のプレートに画像やお名前と共に、連絡先となる住所や電話番号を打刻した迷子札を販売して参りました。しかし、近年は個人情報保護の機運が高まり、プレートそのものに住所や電話番号を打刻する事を敬遠するお客様が増えております。
そこで、個人情報を他者に漏らさない対策として、「SOSコールIDシステム」(企画販売、札幌市:株式会社ラージヒルプランニング)を採用しました。フリーダイヤルに電話すると専用のセンターに繋がり、IDを入力。予め登録されたご家族などの携帯電話に直接、電話がかかるシステムです。


キーホルダーやネックレス・ブレスレットでは、徘徊してしまった時に身につけていないと迷子札として機能しませんが、指輪であれば、通常着け外しするものではありませんので、大事なご家族へ「お守り」としてお贈りすると、喜んで戴けるのではないでしょうか。


リングはポーチに入れてお届け致します(色はお選び頂けません)。


【ID付き指輪 絆-KIZUNA- 仕様】
素材:18金とプラチナ900
形状:甲丸(こうまる)と平打(ひらうち)
装飾:指輪の表面全体に忘れな草を手彫りしています。花言葉:私を忘れないで
金額:18金(48,000円「税別」)とプラチナ900(58,000円「税別」)
販売開始:2014年9月15敬老の日
当店オリジナルのりングにつき、当店製作の指輪にはその証として、
指輪の内側に当店のロゴが打刻されております。
nとkの間に配された3つの点は、昭和5年から3代受け継がれてきた技術と信頼を表します

高齢化が進む今後、徘徊がより一層増えると予想されます。
ご家族との「絆」を繋ぐ指輪として、社会問題を解決できる一助になれば幸いです。


ご注文方法


▼ 楽天市場店でご注文 ▼


こちら

▼▼ FAXでご注文 ▼▼

こちらから注文用紙をダウンロードして頂き、必要事項にご記入のうえ
011-761-2716にFAXをお願い致します。

▼▼▼ お電話でご注文 ▼▼▼

011-761-2715にお電話下さい。
営業時間 09:00〜18:00 休業日 土日祝祭日


TOPに戻る




このサイトは野本貴金属加工所こと[NOMOKIKI]が製作・運営しています。このサイトにあるすべての画像と文章の無断転写・転載はご遠慮下さい。野本貴金属加工所はコンサドーレ札幌のサポートシップ・スポンサーです。
札幌貴金属工芸組合会員・札幌貴金属工芸組合技能士会会員・(社)全国技能士会連合会会員
(社)北海道技能士会会員・一級貴金属装身具製作技能士・貴金属装身具製作全技連マイスター