ようこそ、「なんでも質問箱」のコーナーへ。
ここは、このサイトをご覧になった皆様から寄せられた、「ジュエリー・貴金属」に関する疑問・質問に、このサイト上でお答えしていくコーナーです。
皆様からの疑問・質問は、今後、随時受けつけていきますが、第1回目の今回は、皆様も一度はしてもらった事のある、「指輪のサイズ直し」について、画像を交えて解説していきます。

なんでも質問箱 ロゴ








なんでも質問箱 回答編 
第1回 「指輪のサイズ直しについて」

画  像 工  程 解       説
指輪のカット 指輪のカット  まず指輪のサイズを伸ばすにしても、詰めるにしても、カットしない事には始まりません。そこで、指輪の腕の部分(石入りの指輪の場合、石から一番遠い場所)を「糸のこ」で切断します。この際使用する「糸のこ」の刃は、当店ではドイツ製の一級品を使用しています。
サイズ調節 サイズ調節  サイズを詰める場合は、1サイズにつき約1mm分、地金(じがね)をカットします。逆にサイズを伸ばす場合は、1サイズにつき約1mm分、地金を足します。当店では、たとえ1サイズ伸ばしでも、地金を叩いて伸ばす事はしません。必ず、地金を足します。右の画像が地金を足した状態です。
ロー付け ロー付け  前工程で切った指輪をロー付けしていきます。プラチナ・金・銀ともに、その素材にあった、ロー目(あとで黒くなったりするところ)が極力でないローを当店独自に製作し、ロー付けします。ちなみにロー付けの際の温度は、プラチナで約1600℃・金で約800℃・銀で約750℃です。
サイズ合わせ サイズ合わせ  ここから、ロー付けの終わった指輪を削っていきます。まず内側から削り目的のサイズに合わせると、芯金(しんがね)という棒に指輪を入れ、足した地金もしくはローの部分をかなづちで叩き、ローを地金と馴染ませます。この時、絶対に指輪本体は叩きません。したがって、腕部分の元の厚さ・太さが変わることはありません。
削り・成形 削り・成形  サイズの確定した指輪を何本ものヤスリを使って削り、形を整えていきます。ここでよく、お客様にサイズを直したら腕が薄くなったと指摘されるのですが、サイズ直しした指輪が甲丸や平打ちリングのように、どの場所も腕の厚さが同じ形状のものではない場合、特に腕部分が下に行くほど絞ってあるデザインの場合、その部分に地金を足すわけですから、必然的に絞ってある部分が多くなり、どうしても腕が薄くなったと感じてしまいがちなのです。この状況を回避するには、「サイズ直し」よりも多少割高にはなりますが腕の部分をあえて太めに足す「腕増し」という工法をとる事によって、ほとんど回避出来ます。
下仕上げ・研磨 下仕上げ・研磨  成形の終わった指輪にサンドペーパーをかけ、専用の「バフ研磨機」を使い、徹底的に吟味した研磨材で指輪を磨いていきます。ただ、プラチナの場合、研磨の前にもうひと工程「ヘラかけ」という、プラチナだけの独自な工程が入ります。
最終仕上げ 最終仕上げ  研磨の終わった指輪を、貴金属専用の特殊な洗浄液で満たされた「超音波洗浄機」(機械そのものは、メガネやさんに置いてあるものとほぼ同じ)に入れ、研磨の際に付いた汚れ(研磨くずなど)を取り除き、全ての工程が終了します。ここまで、指輪1本につき、約10分で終わります。ただ、巨大な銀の指輪や特殊な形状の指輪はこの限りではありませんし、もっと特殊な道具であったり、特殊な技術を用います。今回の工程はあくまで「基本形」であることを、最後にお伝えしておきます。


このコーナーでは、皆様からの疑問・質問を大募集しています。
どんな小さなことでも構いません。NOMOKIKIががんばってお答えします。
もし、当店で分らなくても、八方手を尽くしてご質問にお答えします。

NOMOKIKIへの疑問・質問は、
こちらの
メールフォームへJumpから、もしくはJewelry掲示板へJumpに書き込みをお願い致します。

トップページへJumpJewelry Field トップへJump


    「野本貴金属加工所はコンサドーレ札幌のサポートシップ・スポンサーです」
    このサイトは、野本貴金属加工所こと[NOMOKIKI]が製作・運営しています。
       また、このサイトにあるすべての画像と文章の無断転写・転載はご遠慮下さい。
  All Rights Reserved. Thank you.